今回ご紹介させていただくのは、A様宅の舗装工事です

お話を伺うと

  1. 昔からあったコンクリートの劣化が気になる(玄関口)
  2. 何もしていない場所の雑草が気になる
  3. 側溝の劣化が気になる

着工前

以上の事から思いきって玄関口から裏口にかけて新しく舗装もしくはコンクリートを考えていらっしゃるとの事。

お見積りを作成する上で測量を行った結果、そもそも気になってる側溝は水勾配が取れていない事も判明しました。

舗装にすると水は舗装の表面を流れるので、水のやり場を考慮しなければなりません。今回の案件では既存の車庫も活かしてほしいとの要望もあり、排水路勾配を計算して、奥側はU字溝で、車の乗り入れをする箇所は自由勾配のVS側溝で強度と水路底の高さを調整して排水を行えるようにしました。

もちろん、アスファルトの部分は水が堪らないようにする!事が大前提です。

P1090715

U字溝、自由勾配側溝布設状況

 

 

側溝工・・・撤去~布設

まず既設の側溝を撤去して、新しくU字溝と自由勾配側溝を布設しました。コンクリートが固まって強度を発揮するまでは上部に鉄板を敷いて車庫に車を入れていただきました。

 

 

 

 

 

 

RIMG3291

家回りの配管等を壊さないよう、慎重に掘削中

 

 

昔に建てられた家ほど、家回りの配管の深さや位置が、予想だにしていない所にあって悩みの種になるのですが、A様は幸いにも自分の家回りの配管の位置がわかってらっしゃったので、こちらも対処し易く助かりました。

 

 

 

 

P1090926

路盤完成・・・あとは舗装をするのみ!

 

 

劣化していたコンクリートを撤去し砕石を入れ転圧が終わった状態です。後はアスファルト舗装を舗設するのみです。

 

 

 

 

 

P1090939

玄関口の舗装状況、桜が咲いていて風流でした

 

今回の工事ではアスファルトフィニッシャーの2.0m~4.5m級のものを使用しました。ブルーシートを敷いて汚れがつかないようにしています。

 

 

 

 

                               

施工前                              施工後

施工前    RIMG3299

RIMG2484    RIMG3304

RIMG2478    RIMG3300

RIMG3303

施工後は水も溜まる事なく、「いいがになったわ、ありがとう。」と言ってもらえて当社としても嬉しいかぎりです。

今回当社とご縁を作ったきっかけは・・・公共工事をA様宅の近くで行っていたからです(笑)
偶然とは言え、お仕事をさせていただき誠にありがとうございました。

施工内容と日数

側溝工(既設側溝撤去、基礎コンクリート打設、自由勾配側溝並びにU字溝布設、調整コンクリート打設)・・・2週間

舗装工(既設コンクリート撤去、掘削、路盤工、アスファルト舗装工)・・・4日間